長崎IR事業者公募5者応募!2021年8月に事業者選定!審査後事業者名公表!

カジノジャンボリー ニュース

2021年1月29日、長崎県はIR事業者の公募で、参加登録申請者数が5者であったことを発表しました。
参加の登録は、2021年1月7日~28日まで行われました。

今後、長崎県は登録車の参加資格審査を行い、審査通過した登録者は一次審査へと進む権利を得ることになります。

どのようなニュースなのか、様々な観点から解説していきます。

長崎IR事業者公募5者応募!2021年8月に事業者選定!

2021年1月29日、長崎県はIR事業者の公募にて、参加者登録申請者数が5者であったことを発表しました。
IR参加登録の募集期間は、2021年1月7日から28日まで行われました。

今後長崎県は、登録者の参加資格を審査し、審査を通過した登録者のみ一次審査へ進む権利を得ることができます。
第一次審査の書類受付の期限は、2021年3月1日を予定しています。

審査委員会の審査を受け、2021年3月中旬ごろを予定にし第二次審査参加者を3者までに絞って選定を公表します。
その後に、廉潔性調査や競争的対話等を実施し、2021年8月に設置運営事業予定者及び次点設置運営事業予定者の選定となる予定となっています。

審査の結果や審査の評価の過程は、選定後に速やかに公表となります。
第一次審査へ進む事業者が3者以下の場合には、第一次審査を省略として全て第二次審査へと進む流れとなります。

長崎IR事業者公募5者はどのような業者なのか

長崎IRに名乗りを挙げた事業者は、オシドリ、カジノオーストリア、カレント、ピクセルカンパニーズの4者が応募意向表明をしています。
今回5者の事業者ですが、うち1者は不明となっています。

長崎県は、5者の参加資格を詳しく調査した後に、事業者名公表とします。
1者企業名が公表となっていませんが、調査後公表となる予定です。

オシドリは、米部族のカジノ事業者であるモヒガン・ゲーミング&エンターテインメントと手を組む予定です。
ピクセルカンパニーズは。フランスのカジノ大手であるパルトゥーシュ・グループと手を組みます。
カレントは、香港に上場しているゲット・ナイス・ホールディングスと手を組みます。

ピクセルカンパニーズは、単独でのIR運営事業者です。

どの事業者も、長崎にしか出せない雰囲気のIR誘致を考えており、海が違い立地ならではのメリットを盛り込んだIRにしていきたい考えを述べています。
5者の長崎ならではの考えにより、他の候補地にはない長崎はらではの素晴らしいIRは出来ること間違いないでしょう。

長崎IR実現の可能性

長崎は、古くから日本のゲートウェイとして大変重要な役割を担ってきた場所です。
そんな長崎が、IR実現により再び歴史の表舞台に立とうとしています。
長崎にしかない素晴らしい部分を表に出した、今までにはないIRの誕生が期待されています。

しかし、日本国内でIR誘致に手を挙げているのは他に横浜、大阪府・大阪市、和歌山があり、長崎を含めて4か所あります。
3か所の日本のIR誘致計画となっているので、このうちの1つの場所は脱落となってしまいます。

長崎には条件が揃っている佐世保のハウステンボスがあり、有力視となっている大きな魅力です。
果たして、長崎にはIRの実現性はあるのでしょうか。
長崎は小さな県なので、見込みはないのではという声も挙がっています。
本当に、長崎IRの実現を期待してもいいのでしょうか。

長崎のIR開業には、何の弊害もありません。
住民からも賛成派が多数あり、問題が無いように見えます。

政財界からも、長崎のIR誘致には前向きな姿勢です。
その理由な、初期投資が少なく住むことです。
誘致の場所はハウステンボスの西側の役30ヘクタールの整備用地となっており、売却することで県と市、ハウステンボス側が合意しています。
また、年間約300万人が訪れる完成されているリゾートとインフラがあるので、少ない費用でIR誘致が実現できます。
また、候補地の一部分は大村湾に面しているので、長崎空港より高速艇を使うことで30分程度で到着となります。

また、他のIR誘致の場所にはない魅力といえば「防災IR」です。
岩城誠理事長は元自衛隊1佐という経験により、警備や防災に備えて、自衛隊のOBらの採用を提案しました。
有事の際には長崎IRを防災拠点として、福岡や差が、熊本、実や財、鹿児島空港などと輸送機を使い連携することも考えの中に入れています。
大村湾は非常に穏やかな場所であり、湾全体を空港に利用することも可能です。
このような斬新なプランを披露しており、他の候補地にはない実用的なIRになること間違いありません。

このような様々な理由から、長崎IRは選ばれない理由がないと言われています。
長崎IRならではの派手な施設ではなく、ハウステンボスと上手く調和するいような規模小さめのIRが似合うと言われています。
大規模なIRは大阪や横浜に任せて、長崎は長崎らしいIRを作れば求められると言われています。

コメント